保険見直しと支払方法

保険見直しの際、多くの人が今払っている保険料よりも安くて良い保険はないかということを検討するものです。確かに、少しでも安くて多くの保障が受けられたり死亡した際に受け取れる保険料が多ければとてもありがたいです。しかし、あまりにもリーズナブルでありながら手厚いサービスを行ってしまうと保険会社は経営が難しい状況に陥ってしまいます。保険を受け取る前に保険会社が倒産してしまっては意味がありません。そこで、安易に保険料の安さやサービスの良さだけで決めるのではなく、保険会社の経営状況にも目を向ける必要があります。

また、保険料の見直しをする際には新保険への加入にばかり目が行きがちですが、今の保険の見直しをすることも大切です。不要なオプションが付いているのを外したり保険料の支払い方法を年一括に変えたり、今の保険会社の別の商品に引き継ぎをしたりということで月々の保険料を抑えることもできます。このようなやりくりは素人だけでは上手にできないですし、途中で考え方が凝り固まってしまってベストな方法が見つけられなくなってしまうことも多くあります。そこで、良い解決策がわからなくなってしまった時には今加入している保険会社に相談をするだけでなく保険相談の窓口やファイナンシャルプランナーに保険の見直しを仰いでベストな答えを選び出すようにしましょう。

保険見直しと解約

今加入している保険を継続することが難しいという状況に陥って保険料の支払いが難しくなってしまうとその保険をやめなければならないことが出てきてしまいます。保険を解約することになった際には解約返戻金というものがあります。これは生命保険に当てはまることで、生命保険の加入期間というのは20年や30年、場合によっては一生涯と長いものです。その途中で家計の変化で加入を続けることが難しかったり違う保険に入り直すことが難しい場合には中途解約が必要となり、その際に解約返戻金を受け取ることができるのです。ただし、返戻金というのは支払った保険料が全て受け取れるわけではありません。途中解約によってペナルティが発生するために支払ったものの一部であるということ、加入年数によって返戻率は変わることに注意が必要です。

もちろん、解約をして他の保険に加入をする方が最終的なトータルとして支払う保険料を抑えることができたり受け取れる死亡保障が手厚くなるという場合も有ります。しかし、目先の収支だけに目を向けるのではなく、返戻金のことも合わせて解約を検討しなければ、最終的には支払った金額と受け取れる金額とに大きな差異が発生して損をすることも出てきます。

保険見直しと保険料

家族構成やその状況、金銭的な状況に応じて保険の見直しが必要な場面が出てきます。そして、最近では定期的に保険の見直しを行うことが必要であることがよくテレビでも言われるようになりました。やはり、ライフステージによって加入すべき保険や支払う保険料、受けるべき保障というのは変わってくるものです。就職したり、結婚したり、家族が増えたり、家を購入したり、子供が独立したり、親を養うようになったり、といった生活環境が変わった時には今の貯金額と受け取る保障とで家族が生活をすることができるかということを検討する必要が出てきます。また、このようなライフステージの変化だけでなく保険見直しをする必要性が出てくるものがお金の問題です。

保険に加入した時と同じ経済状況がいつまでも続くとは限りません。人によっては給与が増えて経済状況が豊かになることもありますし、人によっては収入は同じでも家族が増えることで自分に使えるお金は減ってしまうことがあります。それ以外にも最近では経済動向が決して良いわけではないために正規雇用で働くことができなかったり賃金カットが行われたりする場面も出てきます。保険料の支払いが難しくなったり、他に優先して使うべきお金が出てきてしまった時には、今加入している保険を続けるべきかやめるべきか、そして他の保険に入るべきかという見直しをする必要性が出てきます。そこで、ここではこのような状況になった時に行なうべき保険料の見直しとその対策、注意点について紹介をしていきます。