保険見直しと解約

今加入している保険を継続することが難しいという状況に陥って保険料の支払いが難しくなってしまうとその保険をやめなければならないことが出てきてしまいます。保険を解約することになった際には解約返戻金というものがあります。これは生命保険に当てはまることで、生命保険の加入期間というのは20年や30年、場合によっては一生涯と長いものです。その途中で家計の変化で加入を続けることが難しかったり違う保険に入り直すことが難しい場合には中途解約が必要となり、その際に解約返戻金を受け取ることができるのです。ただし、返戻金というのは支払った保険料が全て受け取れるわけではありません。途中解約によってペナルティが発生するために支払ったものの一部であるということ、加入年数によって返戻率は変わることに注意が必要です。

もちろん、解約をして他の保険に加入をする方が最終的なトータルとして支払う保険料を抑えることができたり受け取れる死亡保障が手厚くなるという場合も有ります。しかし、目先の収支だけに目を向けるのではなく、返戻金のことも合わせて解約を検討しなければ、最終的には支払った金額と受け取れる金額とに大きな差異が発生して損をすることも出てきます。