保険見直しと支払方法

保険見直しの際、多くの人が今払っている保険料よりも安くて良い保険はないかということを検討するものです。確かに、少しでも安くて多くの保障が受けられたり死亡した際に受け取れる保険料が多ければとてもありがたいです。しかし、あまりにもリーズナブルでありながら手厚いサービスを行ってしまうと保険会社は経営が難しい状況に陥ってしまいます。保険を受け取る前に保険会社が倒産してしまっては意味がありません。そこで、安易に保険料の安さやサービスの良さだけで決めるのではなく、保険会社の経営状況にも目を向ける必要があります。

また、保険料の見直しをする際には新保険への加入にばかり目が行きがちですが、今の保険の見直しをすることも大切です。不要なオプションが付いているのを外したり保険料の支払い方法を年一括に変えたり、今の保険会社の別の商品に引き継ぎをしたりということで月々の保険料を抑えることもできます。このようなやりくりは素人だけでは上手にできないですし、途中で考え方が凝り固まってしまってベストな方法が見つけられなくなってしまうことも多くあります。そこで、良い解決策がわからなくなってしまった時には今加入している保険会社に相談をするだけでなく保険相談の窓口やファイナンシャルプランナーに保険の見直しを仰いでベストな答えを選び出すようにしましょう。